2020年3月21日以前に、査証免除または到着ビザ・停留ビザで台湾に入国し、在留期間を過ぎていない外国籍者を対象に、在留期間を三回目で30日間延長

外交部は5月18日に、2020年3月21日以前に、査証免除または到着ビザ・停留ビザで台湾に入国し、在留期間を過ぎていない外国籍者を対象に、在留期間を三回目(一回目は3月21日、二回目は4月17日に発表)で30日間延長し、別途申込不要と発表しました。ただし、台湾での滞在合計期間は180日を超えないものとします。

なお、この措置はコロナウィルス感染状況に応じて見直される予定です。